カーブス 効果

カーブス 効果024
カーブス 効果

0025

妊娠してからしばらくするとつわりがおさまり、急に体重が増えました。このまま増え続けると、妊娠中に病気になると言われてしまい、ダイエットを始めることになりました。
私がやったのは、食事の内容を改善しただけです。
それまでは食べられるだけ食べてしまっていましたが、野菜中心の食事にゼロカロリーのものに限ったおやつなど、満腹感はちゃんと感じられ、ただカロリーは低くなるよう見直しました。


質を変えるだけで満腹になるまで食べていますが、その後体重は増えすぎる事なく、順調です。

ダイエットを希望したのは今より流行の洋服をキレイに着たいと感じたからです。



育児で時間がとれないことを言い訳にして、自分の身なりに気を配らず、若々しさやオシャレから遠ざかり、外出するのも億劫になってしまいました。
パリッとした格好でお出かけすることを楽しんでみたい、趣味のいい服を着たい、若いママでい続けたい、昔の知人に会って幻滅されたくない、ダイエットをしていきたい理由は数え切れません。
あとはダイエットをいかに持続するかです。


ダイエットには食事制限や頑張って運動をしなければ思われがちですが、3つだけ点を守るだけで痩せることはできるんです。
1.毎日同じ時間に体重計に乗ること2.毎日鏡で体のプロポーションを確かめること3.姿勢を正して過ごすことこの3点を押さえれば、容易に痩せられます。姿勢を正す時に注意するのは背骨をS字に曲げずに、ピシッと真っ直ぐに保ち続けることです。ダイエットに関しては無茶をせず続けていくことが大事です。
食事と運動のバランスにも気を使いましょう。
中でも気をつけるのは食事です。あまりにも極端な食事をすると、リバウンドによって、かえって自分の好きなものの誘惑に負けてしまうことが起きるので、リバウンドする事にもなりかねません。美容にも悪影響が出ます。

炭水化物を少なくするとか、肉を魚に変えるとか。高タンパク低カロリーはダイエットには避けては通れない条件です。
ダイエットをする時は、バランスのよい食事をとり、ちゃんと体を動かすことが欠かせません。

運動をせずに食事を急に減らすものは一時の効果は出ますが、すぐに戻ってしまう可能性が高いです。
甘い食べ物や脂質をさけて、カロリーは低くタンパク質を豊富に含むものや食物繊維の多いものを摂取し、継続して運動をする生活をしましょう。
脂肪より筋肉の方が重いので、運動を始めてすぐは体重の変化が表出しにくいですが、筋肉量が多くなるほど、脂肪を消費しやすくなり、体が締まり、太りにくい体質になっていきます。



毎日の食事は、ダイエットに重要になります。
いくら運動したとしても、消費するエネルギー以上に取るカロリーが上回ってしまうと意味がないからです。



ですので、摂取するカロリーより消費するカロリーが毎日上回ってさえ入れば、体重が増えることは無いということです。また、燃焼力をあげるような食べ物を摂取し、エクササイズしてさらに効率よく体重減少もできます。

日々の食事をしっかりと見直す事はダイエットに大切な要素となるでしょう。上手に痩せるには、バランスが取れた食事と丁度よい運動が重要です。食事によって、まんべんなく体に栄養を取り入れ、一日のうち少しでもいいので、体を動かすのです。脂肪が燃え始める20分くらいが適切な時間ですが、時間に余裕が無ければストレッチと筋トレをするだけでもいいです。


短期で大きな効果を望むのではなく、時間をかけながら徐々に脂肪を落としていけばおのずの体重も減少してくるでしょう。ダイエットで成果をおさめるには、やっている本人すらダイエット中であるということを認識しなくて済むくらいの、易しいものにすること、しんどうないもの、維持できるものであることが大事だと考えます。
私が実際にやっているのはかるーいグルテン抜きダイエットです。
きっぱりとしたグルテンフリーはかなりつらいです。
私は、小麦粉製をメインで食べないだけなので、少しの効果ですが、続けられます。
もう一つ実践しているのが、食事は野菜から食べることです。
これは食べる順番を変えるだけで、何も制限していないのでなにも難しくなく、持続できます。

◎メニュー

◎メニュー

Copyright (c) 2014 カーブス 効果024 All rights reserved.